訪問マッサージQ&A

指定難病患者さんへの施術
施術希望のお問合せの際に、
 「○○と言う指定難病(特定疾患)の方ですが、施術は可能ですか」
と言う質問を頂く事があります。

訪問マッサージを受けていただける要件は、一般に



・一律に診断名によることなく
・関節拘縮・筋麻痺・筋萎縮など、(施術必要と)該当する症状があって
・医療上必要とされる症例
(で、保険医が同意したら)

と言われています。

上記の状態にある方であれば、施術は可能なので、
難病であっても、特に問題になるとは思われません。

また、施術にあたっては、
医師から施術について注意事項が出ていたり、
動かしてはいけない部位があったりする場合は、
事前にお話を十分に伺った上で、
対応をさせて頂きます。

筋肉を過度に動かすと拘縮が進んでしまう難病の方であれば、
さするマッサージに限定した施術、
逆に動かしていないと萎縮が進んでしまう病気であれば、
自他動的な運動療法を取り入れた施術など、
病気・症状の特性・状態を把握した上で、プログラムを組んでいきます。


(CAUTION!)
難病認定を受け、医療助成を受けている方であっても、
・自立歩行が十分可能
・該当する症状がない
・医師の同意が出ない
状態だと、訪問マッサージは受けられません。
PAGE TOP ↑