業界関連情報

セルフメディケーション税制
2017年1月から、医療費控除とは別に、
医薬品購入の額によっても節税対象になる制度が始まります。



従来、年間医療費が10万円を超えると、医療費控除の申請ができますが、
それとは別にこんな制度が始まります。

「適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、
 健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、
 平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、
 自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る
 一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、

 その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、
 その超える部分の金額(8万8千円を超える場合には、8万8千円)に
 ついて
.....」
by厚生労働省

.....ながっがーん

要約すると、
「健康診断などきちんと健康管理してる人が、
 病院に行かずに自分でドラッグストア等で
 一般用医薬品を購入すると、12,000円を超えた分が
 所得税・住民税控除の対象になりますよっ音符

という内容ですにこっ

例:目薬・湿布・胃腸薬などなど1年で20,000円を使うと。
 20,000円-12,000円=8,000円が控除の対象に。
 所得税率20%の人だったら
 →8,000円×20%=1,600円が控除に。
 住民税率10%の人だったら、
 →8,000円×10%=800円が控除に。

悪くないですよねにぱっ

ご家族世帯は、世帯全体での購入費が対象になるし、
従来の医療費控除も別で申告できるみたいです。

平成28年、病院で処方されている湿布は5億強!
(7枚入り1,000円の湿布で計算したら...ぎょーん
この制度が浸透すれば、私たちは節税につながるし、
国の医療費軽減につながりそうですね。

厚生労働省のサイトには、
対象になる医薬品・控除対象額の例なんかも、
載っていますので、参考にしてみてくださいにこっ
PAGE TOP ↑