ふくわらいブログ

天候と体調の変化
今年の夏は雨が多く、8月は東京で21日間連続
という記録的な長雨が観測されました。

9月に入ってからも台風が来るなど中々お天気に
恵まれませんでしたね。

こう雨が続くと気分が滅入ってしまいがちですが、
中には頭痛がしたり節々が痛くなったりと
体調を崩された方も多かったのではないでしょうか?

今回はそんな天気と体調について調べてみました。


「天気が悪い=低気圧」というのはよくニュース
でも耳にしますが、低気圧とはどのような状態
なのか簡単に言うと、空気の量が少ないこと
だそうです。

空気の量が少ないと体の中の
血管が膨張してしまいます。(山など高い所で
お菓子の袋が膨らむのと同じ原理です)

これが頭で起きれば頭痛が、神経を圧迫すれば
その周囲に痛みが、喉で起きれば喘息が
起きてしまう原因になるそうです。

自然現象に対する体の反応なので中々対策を
とるのは難しそうですね・・・

これといった方法はあまり無いそうですが、
適度な運動や湯船につかる、コーヒーで一息
つく等、とにかくリラックスする事がいいそうです。

なので、皆さんそれぞれリラックスできる何かを
見つけて対策をとってみて下さい。
PAGE TOP ↑