ふくわらいブログ

寒さと痛み
今年も押し迫ってまいりました。年賀状の準備や
クリスマス、そして買い出しや大掃除が控え、
気忙しい雰囲気なってきました。底冷えのする
ような日々が続いています。

ところで、
「寒くなると腰や膝などの痛みが強くなる・・・」
とおっしゃる方、多くいらしゃいます。考えられる
原因は・・・

一つの要因として、血行不良があげられます。寒い
環境下にさらされると、「体温を逃すまい」と、全身の
血管が収縮します。血管が収縮するわけですから、
全身の血行が悪くなりがちになります。血行不良は
筋肉の凝りを誘発し、凝り固まった筋肉内の血流が
悪くなる・・・といった悪循環を引き起こします。

「寒くて、体を動かすのが億劫だ・・・」というお話を
よく耳にしますが、体を動かさずじっとしているという
事は、血行不良・筋肉の凝りの原因になります。

朝方にいきなり激しい運動をするのは心臓・血管の
負担が大きくなり控えるべきですが、痛みや凝りの
予防として、寒い日も率先して体を動かした方が良い
と考えられます。体を動かしているうちに、すぐに
全身ポカポカです。

冬は、体温維持のためにエネルギーを夏よりも費やし、
基礎代謝も高まるので、運動は痛みの予防のほかに、
痩せる効果もより期待できますよ。
PAGE TOP ↑