ふくわらいブログ

新年度になりました。新しい職場・新しい生活が
始まり、最初は期待と不安が入り混じって何かと
大変な時期ですが、1ヶ月頑張れば、5月には
ゴールデンウイークが待っています。


桜は例年よりも早く開花し、東京は満開の時期を
もう過ぎてしまいましたが、花の香りただよう季節、
気分良くお出掛けできそうです。


花の香りといえば、リラックスや、自律神経を整える
作用がある事は有名ですが、とある匂いを嗅ぐと、
昔の思い出がよみがえる事があります。
匂いを感じると鼻→嗅神経→大脳辺縁系に伝えられ
ます。大脳辺縁系は人間の原始的な欲求にかかわり、
記憶・自律神経にも関わりが深い部位であるので、
リラックス効果があったり、記憶がよみがえる事が
あったりするというメカニズムがあると言われています。

また、花は食用に用いられ、食用の花はエディブル・
フラワーと呼ばれています。日本でも食用花は古くから
身近は存在で、刺身のつまに用いられる黄色い菊の
花や、あんぱんに乗っている桜の花びらが知られています。
あと、ブロッコリー・カリフラワーも花の一つです。

花は、食卓の上でも素敵なアクセントになってくれます。
ただ、花を食すために育てたり選んだりする際は注意が
必要で、有毒な花が多いほか、観賞用の花は農薬が多く
使われているケースがあるので、素人判断は危険です。
必ず食用と記された花を選ぶ事が肝心です。


花は見た目も然ることながら、香り・味でも日常生活に
彩りを与えてくれて、疲労回復・ストレスリリースに最適
なのではないでしょうか。
PAGE TOP ↑